架空請求受信の巻

またまた、変なスパム、というか架空請求モノが送られてきました。
文中には「*SSLで守られた安全な閲覧」と書いておきながら、
リンクは「http」。
お隣の国では、「http」でもセキュア通信できるようになったのか!すごいな。

しかし、ITリテラシー低すぎ。
ネットで詐欺するなら、もう少し考えた方が良いのでは?

そして日本語、よく読むと、結構変な言い回し。
そうなると、リンク先が気になる

潜入調査の巻

まずは、リンクのパラメータをいじって(そのまま叩くのは一応避けて)叩くと、「謝謝?」。フゥ〜。

さてこの様子では、大した相手ではないので、リンクをそのまま、叩いてみた。
「延滞状」?!督促状とかじゃないのか?
まあ、いいか。

連中は、最終的に、退会申請ボタンを押させたいらしいので、
遠慮なくPUSH!

なんと、その先は、なんと、なんと、WIKIの「支払督促」ページのコピペ。
しかも、丁寧に最後の方の文章の、

「その一方で、架空請求詐欺で被害者に支払を強要する方便として、加害者が裁判所を騙り、支払督促を発付する旨の文書を偽造して送りつけることがある。2007年初頭には、民事訴訟法が改正されたと虚偽の説明を行い、これにより特別送達を電子メールで送付できることとなった、また、電子メールアドレスを使用する者を暫定債務者と裁判所が認定する、と説明して、支払督促を電子メールで送りつけて、それを受け取った者が支払義務を負うとして、所定銀行口座に弁済金を振り込むように要求するものが確認されている。」

がそのままコピペされてる。
詐欺師が、詐欺師の手口を記載して、どうすんねん!!!

敵のターンの巻

さて、なんだ、アホみたいな架空請求だった、っと思ったら、 メール着信!
やばい、、、メルアド抜かれたか、とも思ったが、そもそも抜かれてるから、架空請求きてるんだ、心配無用。ゴミメールが増えるだけさ。

で、内容は??
さっそく、リンクをクリック! お、¥5000-支払えだと。
さっきは、¥289,000-じゃなかったのか?優しいな?

そして、コンビニで支払え?
ところで「デイリーセイコー」って、どこのコンビニ???

それはさておき、では、コンビニ払い選択!
では、近くのローソンにしましょう。

想定外の結末の巻き

もう、画像みて笑ってください、
Amazonカードとか!
これ、もしここまで騙されてきても、払うやついないでしょ!

LINE乗っ取り連中が手法をかえてきたのか?

では、皆様、お気をつけください。