2012年11月 7日

 少し前のブログでネットバンキングのメールでの案内に不満を訴えたのであるが、いろいろネットの情報を見ていると、銀行のサイトでは結構きちんと偽ポップアップの画面を出して情報を公開していることがわかったので、自分のわかっている範囲で情報を集め、「まとめ」的に記載させていただきます。

 他のサイトでも十分紹介されていますが、この記事を公開することでより多くの人に見ていただき、危険を回避していただきたく。重複情報が多いかと思いますが、ここに書かせていただきます。

ゆうちょ銀行
【重要】不正にポップアップ画面を表示させてゆうちょダイレクトの情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください

三井住友銀行
不正にポップアップ画面を表示させてインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意下さい

三菱東京UFJ銀行
ウィルス感染等によるインターネットバンキングの犯罪にご注意ください(平成24年10月26日)。

楽天銀行: 【追記】不正な画面を表示させてお客さまの情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください

みずほ銀行
【重要】不正にポップアップ画面を表示させてインターネットバンキングの情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください

住信SBIネット銀行
不正なポップアップ画面を表示させ、お客さまのパスワードや認証番号を盗み取る犯罪にご注意ください。

なお、警視庁より、ウィルスに感染しているかどうか検査できるソフトウェアとして下記をあげていますので、気になる方というか、ぜひこの記事を読んだ皆さんは確認しておいてください。

  • マカフィー社「トータルプロテクション」
  • シマンテック社「ノートンインターネットセキュリティ」
  • カスペルスキー社「アンチウイルス」

いずれも一定期間無料で検知、駆除がとの事です。